フリーバーン

知多農場です!
こんにちは~

先日、フリーバーンのベットの除糞+敷料交換を行いました。
スタンチョンのある餌側は4~5日くらいで作業しますが奥の方のベットは3ヵ月に1回くらいのペースで行っています。

2人がかりでローダーとショベルの稼働です!
毎回息のあった連携が見えます~(*´▽`*)☆彡 
DSC_1234
ちょっと写真がみにくいですね(;´・ω・) すいません…

そして、この奥のローダー作業は場長しか行えないという噂。
私は入社してから他の人が行っているところを見たことがありません…

実際は、、、他の社員でも大丈夫!
ただ、除糞の際の繊細な操作が難しく、他の社員とはくらべものにならないくらいの差がでるそうです!!
DSC_1233

さて、次にそのテクニックを習得できるのは誰でしょう?
気になるところです!!!!

そして敷料交換をするとその日~翌日によく産まれるのは気持ちが良く、落ち着くからでしょうか?
不思議です(*´ω`*)
あ!
あと、人の出産は満月に多いと聞きますが、牛さんも?と思ってネット検索してみたら、やっぱり同じように言われているんですね♪
次の満月は3/28~29!近い分娩予定の子が沢山いるので要チェックしておきます(^^)b
また結果報告します~

新しい給水装置

こんにちは、一富士農場鈴木です。

最近、餌の給水装置が新しくなりました。
前まではTMRに給水するための装置の可動範囲が決まっていました。
そのため、ミキサーの駐車位置を毎回微調整して
一番効率的に全体に水が行き渡る位置へと
駐車していたので、かなり大変でした。

また、慣れていない人が担当になった時など上手く駐車できないので
(牽引での後進は結構難しいですよね?)
TMR全体に上手く水が混ざらず、出始めのTMRはパサパサなのに
途中からベタベタになったりと少々問題となっていました。

そこで今回、ミキサーに給水用のホースを固定し
どこに止めてもホースさえ繋ぐことが出来れば
常に同じように給水できるよう給水装置を改良しました。

こちらが改良した給水装置です

S__103899141

ポンプ側のホースとミキサー側のホースを繋げられれば
いつも同じ場所から水が出るようになってます。

S__103735299

S__103735301

S__103735302

前よりも少し水が入るスピードも早くなった気がするので
かなり便利になりました。
これで誰が担当になっても同じ品質のエサが作れるようになると思います。

昼間はずいぶん暖かくなる日もありますが、朝夜はまだまだ寒いです。
早く春が来ることを楽しみに、頑張ります!

骨軟症

エルファーム知多農場の鈴木です!
最近は、少し暖かくなってきたなと思ったら、久々に、気温が氷点下となるなど、どっちつかずの気候に、よく腹が立ちます!笑

今日は、骨軟症の話をします。
骨軟症とは、「カルシウム、リン、ビタミンDなどの不足により、骨格に石灰減少をきたす病気」だそうです。
まあ、牛飼い的に端折って言ってしまえば、カルシウムなどの不足で、骨(足)が痛くなって、歩きづらくなり、エサをあまり食べようとしなくなるという感じです笑

僕たちは、牛を、より太らせたいので、その結果、体重が増え、足により多くの負担がかかってしまいます。

一枚目の写真は、健康な足の牛、二枚目は、骨軟の牛です。

1613951587933

1613951722580

一枚目の足に対し、二枚目は、後ろ足の甲が腫れ、また、足が痛いせいか、少しつま先立ちになっています。

このような牛は、エサ場まで行かなくなってしまうので、
僕たちは、カルシウムなどの吸収を高める、ビタミンD3や、ミネラルが多く含まれた飼料添加物を与えます!

治療前より、改善が見られたときは、やはり嬉しいです!

足よくなってくれるといいな(* ゚∀゚)♪

いたずらっこ!

知多農場です!こんにちは~\(゚∀゚)/

バーンにて、
DSC_1198
ま、真ん中の子、、、小さくないですかー!!(゜ロ゜ノ)ノ
隣との違いが、、、

無事産めるのか心配です( ;´・ω・`)
と思ったら自家育成の子で他よりも分娩予定がまだまだ先でした!

そして、おちびも元気でこんなに可愛くなりました(*´ω`*)
最近、隣の子を真似して飼槽に乗っちゃう癖が出てきました~
DSC_1207

で、隣の子と言うのがこの子❗️
飼槽に乗るわ、ウォーターカップを乗り越えて前に出てくるわといたずらっ子で最近移動させられたのに、、、

ここでも遊ぶーーー❗️


どうしよう、、、、と対策考え中。

牛ちゃんも性格それぞれ面白いな~と改めて思うこの頃です!!!
では、また~

ミルクタクシー君!!

どうも!一富士農場の板倉です!

今日は新たに導入されたミルクタクシーの話です!

もともと一富士農場では子牛に哺乳をあげる際、樽にミルクを入れてそこから2ℓサイズの計量カップですくって哺乳バケツへ入れる、というやり方をしていたのですが、

樽に入ったミルクを低温殺菌するための機械の部品が廃盤になってしまった事などもあって、新しい哺乳機を導入することになったのです!!

それがこちら!ミルクタクシー君!!!

20210212_16064120210212_160631

こちらのミルクタクシー君、なんと低温殺菌機能、保温機能、冷却機能から自動洗浄機能までついた優れもの!!

そして最大容量260ℓという化け物サイズ。笑

今まで樽からすくってあげていた哺乳がこれ1台でボタンを押せば設定量を出してくれるようになったのでかなり楽ですし、哺乳中に中のミルクが冷めていってしまう心配もなくなり、洗浄機能のおかげで衛生的にも安心で操作性も良く、各機能もシンプルにまとめられてるのでとても使いやすいです!

こうして新しい機械を導入してもらい、作業もより効率化を目指していけるのでうちの牛にはガンガン子牛を産んでもらって、ミルクタクシーもどんどん活躍して欲しいですね!!

以上!一富士農場の板倉でした!!

Page 2 of 3412345...102030...Last »