後継牛の確保と自家育成について

今年は暖冬のようですが、
それでも朝出勤する時など
寒い時は寒いのです。

決して暖かくはないぞ、
と暖冬と聞くたびに思う
一富士農場の長谷川です。

さて、2018年には一時100万円を超えた
初任牛価格ですが、2019年に入ると徐々に値下がりし
昨年11月には約71万円(平成31年度・令和元年度
ホクレン乳牛市場・初妊牛価格の推移より)と
ようやく落ち着いてきた雰囲気があります。
しかし、5年前の2015年以前は高くても60万円、
平均すると50万円が相場でした。

参考までにデイリージャパンさんの2018.3.31付け
スタッフブログ「異常が平常化? ホル初妊牛価格」より
価格推移の表を引用させていただきます。

乳牛価格推移

思い起こせば2015年10月、雪害からの復興で
再スタートを切った時がまさに
価格高騰の始まりだったのです。
兎にも角にも大事な戦力となる初任牛の
価格がどんどん上がり社長は資金計画とにらめっこ
だったことでしょう(勝手な推測です)。
だいぶ苦労をして増頭してきました。

そして2018年、遂に1頭100万円を超えた時、
後継牛を作ろうという話が持ち上がりました。
おそらく、全国で同じように考えられていた方は
多くいたのではないでしょうか。
その時から、月にホルスタインの雌が
5頭生まれる程度を目標にホルスタインの
雌雄判別精液での種付を始めました。

2018年11月からは子牛の段階で行うゲノム検査と
交配牛選定プログラムも活用し、より農場の利益に
貢献する後継牛を作る取り組みも始めています。
それぞれどういったものかは割愛しますが、
どのような成果が出るのか今から楽しみです。

2020年現在、2018年の後継牛作りスタート以前に
たまたま生まれた2頭のホル雌達が、もうすぐ
初めての分娩を迎えようとしています。

1579337393624
生後2ヶ月頃の2頭

1579337400050

最近の様子

1579337398329

大きくなりました

また、今年の秋頃から本格的に自家生産牛の
分娩が始まります。今は預託先で元気にやって
いることでしょう。
子牛の時にお世話をした人は、
大きくなった姿を見てどう思うのでしょうか?
人好きでいてくれると嬉しいですね!

初任牛の価格が今後どうなるか予測できないので
自家生産の方がコスト的に高くなる可能性もあります。
また、おそらく全国で同時期に後継牛生産が始まったため
預託先がパンク状態で預託にあげたくてもあげられない
状態も常態化すると思います。
自家育成牛の管理方法・スペース確保など
色々と問題はありますが、前向きに考え
解決していきたいと思います。

自家生産牛については分娩第1号が出たら
またご報告します。

インフルエンザが例年2月にかけて
本格流行する傾向があるので、
よく食べよく寝て元気に過ごしたい
長谷川でした。

ますます寒くなってきました❗️

こんにちは!
知多農場の石井です☆

すっかり寒くなり冬本番って
感じですね〜
個人的には寒いのは嫌いです、、
外仕事なので寒さに強くなったのでは!?と思っても休みの日は寒がってます(笑)

少し前に、私が給餌を担当しているパドックが牛移動をし、新しい子達が入ってきました〜♫

LINE_P20200117_163533402

以前は移動時に♀は鼻カン
(鼻につける輪っか)を付けていたのですが、
鼻カンが引っかかって取れてしまったり鼻が裂けてしまう牛が多いので付けなくなりました。
牛にストレスがかかるため
♀♂共に除角(角を切って焼く作業)の時に付けるのでまだまだです!

LINE_P20200117_163533405

LINE_P20200117_163533407
(遠いですが、、)

ちなみにオレンジが♀で
白が♂です。
結構鼻カンの色で性別を見ていたのでパッと見じゃどっちか分からなくなりました(笑)

新しく入った子の中に1頭
病弱だった子がいるので少し心配ですが今のところ元気に餌を食べています!
たくさん食べて大きく強くなってほしいです★

LINE_P20200117_163533409
※この子ではありません(笑)

最優秀賞!!

新年あけましておめでとうございます!!
今年もよろしくお願いします!

さて、昨年の暮れの出来事ではありますが、

大阪市食肉市場
第15回 知多牛枝肉共励会において、

”最優秀賞”

を頂きました!!!!!!!!

DSC_2052

少し前にも市場は別ですが、共進会において”優秀賞”も頂いています!
昨年は肉牛の成績が目に見えて上がった一年でした。

今年も昨年以上に肉質の良い、肉牛の飼育を目指していきます!!!
そして、牛乳をたくさん搾っていけるよう乳牛の管理もこれまで以上にしっかり行っていきます!!!

DSC_2048

社員一丸となって頑張ります!!!!!

ちなみに、以前にポツンと寂しそう…とブログに載せていた牛さんが最優秀に輝きました(*´∀`)♪

知多農場

新年あけましておめでとうございます

エルファームサカキバラ一富士農場副場長の高橋です

一富士農場でも2020年を無事に迎えることができました

2019年は牛の頭数に大きな変化はありませんでしたが、重機が増えたり新しい堆肥の機械を導入、

さらに牛の活動量や起立・横臥など姿勢の状態を常時チェックできるセンサーにより発情や病気を24時間監視できるUモーションの導入と設備の更新が進みました

従業員も春に女子が一人、11月には男子が一人入社、堆肥作業専門の定年退職後の方が二人バイトとして入社、さらに12月にベトナム国立農業大学卒の外国籍技術者の男子が四人増え、

日本人14人、ベトナム人13人の総勢27人の大所帯となりました

2020年は堆肥の問題をクリアしつつさらなる頭数の増加をめざしてがんばっていきたいと思います

元日はあいにくの曇り空だったため1月3日の富士山と1時間くらい遅い日の出で締めさせていただきます

今年もエルファームサカキバラを宜しくお願いします

IMG_20200103_090933

もうすぐ2020年に。

12月に入り寒さがいっそうましてきました。

日本人の新人やベトナム人の男性が入社してくれて

より人数が増え色々な仕事を増やせました。

その中で自分が責任者をやっているエサの3回撒きについて紹介します。

P2161538

今まで午前午後2回だった1.2群乳量がたくさん出る群に夜にエサを撒けるようにしました。

これにより採食量増ゃ病気減になってくれれば良いと思っています。

これからもたびたびあげていきます。それでは。

Page 1 of 2012345...1020...Last »