牧場案内

エル・ファーム・サカキバラは愛知県半田市と静岡県富士宮市にて酪農を行っています。

有限会社エル・ファーム・サカキバラ 知多農場

知多農場:〒475-0951 愛知県半田市宝来町5丁目15番地

農場p_1

現在、エル・ファーム・サカキバラ 半田本社では、乳牛約300頭、肉牛約900頭の乳肉複合経営を主体とし、乳牛部門においては、年間約2,500tの牛乳を生産しています。

肉牛部門は、現在F1(ホルスタイン種と黒毛和種の交雑種)が中心ですが、積極的な受精卵移植の活用により、黒毛和種の生産にも力を入れています。

また、300頭規模では日本初となる自然浄化処理により糞尿処理を行っています。

自然浄化処理自然浄化処理とは

泌乳牛を乳量により大きくA、Bの2群に分けて飼養管理しています。

フリーストール牛舎の通路部に貯められた糞尿は朝夕2回のフラッシュ(洗浄)により浄化槽へ送られます。

汚水は4つの曝気層と2つの沈殿槽を通って微生物処理により浄化され、浄化された水は再度牛舎内でフラッシュ(洗浄)のための水源などにリサイクル活用しています。環境資源をを汚さない、無駄にしない努力をしています。

交通アクセス
電車:名鉄内海線河和線 住吉町駅下車 道路:知多半島道路 半田中央インター下車

株式会社エル・ファーム・サカキバラ 一富士農場

一富士農場:〒418-0101 静岡県富士宮市根原宝山23番地6

一富士農場一富士農場

平成16年9月には第二牧場として、静岡県富士宮市に富士山農場をスタートさせましたが、平成26年2月の豪雪により牛舎が倒壊してしまいました。
平成27年10月に新牛舎が完成、株式会社エル・ファーム・サカキバラ 一富士農場と名称を新たにし再稼働しました。

農場復旧後は、富士山の裾野の大自然に囲まれ、施設も新しく、人も牛ものびのびと活動しています。
一富士農場では乳牛約500頭、年間4700tの牛乳を生産しています。

交通アクセス
電車:JR身延線 富士宮駅下車 /JR東海道新幹線 新富士駅下車
道路:東名高速道路富士インター経由西富士道路へ