エサの仕事

 こんにちわ!一富士農場の若林です。

最近エサの仕事を始めました。作ったエサをひたすら撒いていく仕事ですが、

牛の気まぐれで大量に残したり、逆にエサがツルツルになくなっていたりと、

量の調整が大変です!また、エサを作る量は独自の計算で出していますが、

それも大変で、常に頭フル回転の状態です。

 大変なエサの仕事ですが、一つだけ楽しい作業があります。それは、エサに

混ぜる添加剤を運ぶ仕事です。添加剤は1つにつき20㎏以上あり、それを

毎日30個以上運びます。はじめは苦痛でしたが、段々と腕周りを中心に筋肉が

発達してしていたことに気づいてからは、毎日の楽しみになりました。

できるだけ腕に負荷をかけたいので、2個同時持ちもやったりしてます。

 色々と繊細で難しい仕事ですが、育っていく筋肉を見てニヤニヤしたり、

エサを必死に待つかわいらしい牛に癒されながら、これから頑張っていこうと

思います。